読んだ本:ジョンJ.レイティ リチャード・マニング『GO WILD 野生の体を取り戻せ! 科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス 』

全10章からなる脳と運動の関係を実験データと共に記されている。 うつを代表とされる精神病はもちろん PMS(PMDD)と言った女性特有の問題まで幅広く紹介し、 それらを運動で軽減、解消に導く例がある。 便利な世の中で素晴らしい反面、 精神病を患ってる方が多いのも事実。 適度な運動と食事が健康の秘訣なのかな。 脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方posted with ヨメレバジョン J. レイティ,エリック ヘイガーマン NHK出版 2009-03-20 AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo7nethontoe-hon 紀伊國屋書店

以前同著者の作品を読んだが、今作は続編にあたるのかな。

全10章から構成されているこの作品。
炭水化物の過剰摂取の害から始まり、
多様性の生き方を推奨するまで、色々な考え方を提示されている。

半年以上僕も徹底的に炭水化物を排除している時期はありましたが、
現在は程よく摂取しています。
ところが調子に乗って果物の過剰摂取が原因と思われる事で、
背中の炎症が発生して、先日断食に至りました。

https://back2nature.jp/daily/health/dietary-composition-2017-03 先日の記事ですが、執筆時点で どうも背中の調子が悪く、痛みを感じていました。 1週間前から夕方以降に痛みを感じだし、 痛みの具合も酷くなる一方。 これはもしや、と思い断食で解消してみる事にしました。 3日間で感じたことや実践内容をメモしておきます。 ダイエットが目的では無い 先日の記事でも書いた通り、 現在1.5食生活で過ごしているので、 特に太るわけでも、痩せるわけでも無く、 標準体重内です。 断食=ダイエットの思考になりがちですが、 今回は体調不良の解消を目的で始めました。 痛みの原因 特にハードな運動や打ち付けた覚えは無い。 そうすると食べ物による炎症の可能性が考えられます。 先日の記事で書いた通り果物の摂取が習慣化している事に 注目しました。 昨年肉食をしている時は、炭水化物はもちろん 果物の摂取も無く、痛みが出ることはありませんでした。 痛みが出るのは果物を食べた後の夕方以降。 これは怪しい・・・ 果物は悪では無い ただ痛みの原因で有る可能性が高いと思うが、 決して果物が悪い訳では無いと思います。 悪いのは食べすぎた僕。 最近はリンゴ1個と八朔や金柑などを食べてました。 運動不足もあり、これらから摂れる糖質が解消出来ず、 痛みの原因になっていると思われます。 なので運動をしないのなら、摂取する量を減らすしかありません。 一旦、崩れたバランスをリセットする為にも 断食で調整してみます。 断食:1日目 朝はコーヒーを飲んでいましたが、 これも期間中は一旦止めてみます。 基本的には水の摂取をメインに進めていきます。 食事はもちろん摂りません。 普段よりも、こまめに水を摂取することを心がけ 尿の量を上回る水分量の摂取を意識しました。 体の水分量が少ない時の尿は黄色になりますが、 この日は透明に近く、水分はしっかりと 摂れていたのではと思います。 便は1度出て終わり。 これはいつも通りです。 背中の痛みが発症する事が無く、 予想は当たりと言ったところでしょうか。 普段から1.5食で過ごしている事もあり、 空腹感は特に無くこの日は終えられました。 断食:2日目 声を発する時に、多少の違和感がありますが、 いつも通りの朝を迎えました。 1日目と同様に水の摂取を意識しました。 この日は久々に太陽が気持ちよく出ていましたので、 太陽を見ながら朝は過ごせて気持ちが良かったです。 便は1度出ました。 昨日は何も食べてなかったので、 何時の便なのか? 最近おならが良く出て、臭いもあったので、 溜まっていたんでしょうね。 水以外に柿の葉茶を飲みました。 お昼過ぎあたりから、お腹が鳴り始め、 少し空腹感が出てきました。 深呼吸を繰り返してると、空腹感は収まりました。 就寝前にストレッチをしていますが、 断食1日目から感じるのは、 断食前日までに比べて、 明らかに柔軟性が上がっていることです。 この日も背中の痛みは発症せず 終わりました。 夕方には少しフラフラしてきて、 あまり動かないようにしました。 断食:3日目 水分が少ないのか、唇が乾き出しました。 声もややかすれ気味。 胃腸の活動が停止しているのか、 空腹感はありません。 尿は出る回数、量も減りました。 尿の色は透明に近い状態をキープ。 断食前はよく出ていたオナラが出なくなりました。 体がしっかりと動かないので、 活動的な動きは控えて、安静に過ごしました。 2日目よりも体の動きはゆっくりになり、 おじいちゃん化が進みました。 就寝時には明日から食べられる様になると思い、 色々食べ物が頭に浮かび寝付きが悪かったです。 3日間の断食を終えて 1日断食は過去何度かやってましたが、 3日間は初めての経験でした。 当初の目標であった、背中の痛みは解消出来たので、 やった甲斐がありました。 さらに付け足すと、断食前は歯が微妙に痛みを感じていました。 こちらも痛みが引き、思わぬ結果となりました。 虫歯も食べ過ぎが原因なのでしょうか? 砂糖が虫歯の原因と思っていましたが、それだけでは無さそうですね。 断食明けは回復食と呼ばれる期間を得て、 徐々に食べられる体に戻していきます。 これはまた別記事でアップします。

で、今現在の心境としては、炭水化物の排除や断食は
あまりにも極端で(それが必要な時もありますが)、
そこまでしなくても済むような、中立な状態に近づけるのが
ベストなのかなぁと思っています。

そして今作で紹介されている、人とのふれあいの重要性。
このブログは、個人的な備忘録としてますが、
それならノートにでも書いておけば良い訳で・・・
そのつもりは無いけど、潜在意識に他者とのふれあいを
このブログを通じて求めてたりするのかな。
人より動物の方が圧倒的に多いこの地では、
特にそうなのかもしれません・・・

昨年この本は1度読んだのですが、
最近読んでる本とリンクする事が色々あったので、
もう1度読み返してみました。
そうすると理解度がさらに深まり、
満足な1冊となりました。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

やーまん

山奥に移住し、のんびり暮らしています。
日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA