春の薪作り

『春のパン祭り』と何となく似てる感じがしますが、気のせいですね^^;
ちなみに僕はお皿もらっても嬉しくありません。
でも何故だかシールは集めてしまいます。
まぁ結局点数足らないので、意味は無いんですけどね。

さてさて次の冬も暖かく過ごすために薪作りです。

最近は昼間の気温も上がってきたので、
虫もゴソゴソ動き出しました。
アリも早速動いてます。

キリギリスにならないように、薪割りします。

冬の間にバシバシ木を切ったので、
今年どころか10年くらいは薪には困りそうに無いくらい
木はあります。

まずは伐採した木をチェンソーで玉切りします。

ウチのストーブは最大40cmまでの薪が入るので、
大体その長さで切ってます。

斧で割っていきます。

使っている斧はhelkoのDT-6。

薪割り斧 helko ヘルコ DT-6を導入してみた 薪作りする上で最初に買ったのは安かった和斧。 しかし日々使うことが分かり、生産効率を上げるために 評判の良いhelko社のDT-6を買いました。 赤と青でトランスフォーマーのコンボイや…
 back2nature.jp

購入してから2年経過。
もう和斧は使って無いので、知人に差し上げました。

和斧は細めの薪なら十分割れるのですが、太いのはちょっと苦手かなぁ。
このDT-6は和斧に比べて金具部分が重いので、太い薪もバッチリ割れます。

割るのはこれです。

これ位の太さの薪だと振り下ろして一撃です。
半分に割れたのをまた半分に割ります。
もっと太い薪ならさらに半分に。

薪割りは雑念が入るとミスショットしがち。
とりあえず薪割りは集中です。
薪割り中に晩ご飯の事は考えてはいけません。
そのため薪割りはマインドフルネスの練習にピッタリですね。

割った薪は以前作った薪小屋へ移動させて保管。
とりあえず2ヶ月分の薪は確保。

今年の冬も暖かく過ごしたいので、
まだまだ割りますよ。

でも伐採した木の量から考えると、
薪の置き場所がこのままだと全然足らないので、
また薪小屋作らなければ。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

  • やーまん
  • 山奥に移住し、自然に囲まれ暮らしています。
    日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA