読んだ本:小池龍之介『こだわらない練習 「それ、どうでもいい」という過ごしかた』

小池龍之介 - Wikipedia 小池 龍之介(こいけ りゅうのすけ、1978年(昭和53年)12月15日 - )は、日本の元浄土真宗僧侶。対外的には浄土真宗本願寺派寺院の副住職として活動し檀家から布施を受け取る一方、ヴィパッサナー瞑想などに傾倒していたこと等が宗派から問題視されて僧籍を剥奪され、のちに単立寺院沙光山正現寺住職を名乗った[1]。
 ja.wikipedia.org
読んだ本:小池龍之介『考えない練習』 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E9%BE%8D%E4%B9%8B%E4%BB%8B 色々と考える事が多い現代ですが、 それに対して考えない方法を提案されています。 僕も寝る際に色々考…
 back2nature.jp

以前も同著者の本を読みました。
冒頭のページでボディブローの様に効く言葉があり、
今の考え方を考えさせられました。

こだわりは少ない方だと思っていますが、
この本を読むとまだまだでした。
もっとコダワリを捨てて身軽になりたいと思います。

自然派志向ですが(これもコダワリですね^^;)、上手く文明も利用し、
これからもユルユルと過ごしていきたいです。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

  • やーまん
  • 山奥に移住し、自然に囲まれ暮らしています。
    日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA