コーヒー豆焙煎器『煎り上手』を使ってみた

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E6%9D%91%E9%9D%96%E4%B9%8B http://www.hidenka.net/indexj.htm なるべく電化製品を使わない様に生きていくには どうすれば良いのか検索して…

以前読んだ本の藤村さんが制作されている、
コーヒー豆焙煎器『煎り上手』を使ってみました。

こちらが本体の焙煎器。

底面はフラットでは無く湾曲形状になっている。
これが焙煎をムラ無く仕上げるポイントの様だ。

コーヒー豆を付属の計量カップですくってみた。
説明書の推奨は1人分1杯で約10g。
手持ちのコーヒー豆ではすり切りより多めに入れて約10gだった。

本体に入れてみます。

今回は2人分の約20gを投入しました。

カセットガスコンロであぶっていきます。

この商品は3~4分で焙煎出来るふれ込みだったけど、
この日は寒空の下もあってか、10分ほど本体を振り続けて
これ位の焙煎具合に。

さらに5分ほど振って気がついたときには真っ黒に^^;

ネジを取ると本体内部の清掃も可能。
チャフが中に残っているので、毎回清掃した方が良いかも。

早速出来たがったコーヒーを挽いて頂きました。
やっぱり自分で焙煎して挽いたコーヒーは美味しいな。

毎朝のバターコーヒー1杯が僕の朝食。 なるべくフレッシュなコーヒーを飲みたいので、 最近はコーヒーの生豆を自ら焙煎し、 焙煎した豆を挽いてから飲んでます。 焙煎機はもちろんあり…
https://back2nature.jp/daily/cooking/roasting-coffee-bean-using-frying-pan 以前コーヒーの生豆をフライパンで焙煎する記事を書きましたが、 その後焙煎方法が微妙に変化してますの…

以前記事にしましたが、フライパンでも焙煎は可能です。
個人的にはフライパン焙煎の方が、豆の焙煎具合も直に見られて、
清掃も容易なので気に入っています。

この専用焙煎器だとサクッと仕上げられるので、
簡単に済ませたい場合は良いかも。

いずれも良い面があるので、その時々で使い分け出来れば良いかな。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

やーまん

山奥に移住し、のんびり暮らしています。
日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA