カリタのダイヤミルを分解清掃

砂糖断ちをしてからコーヒーを良く飲むように。
カリタのダイヤミルを使って毎回豆を挽いてます。
適時分解して溜まった粉を掃除するのも楽しみの一つです。

+ドライバーとブラシがあれば清掃可能。

では分解してみます。

スポンサーリンク

分解:ハンドル

dscf0383
まずはハンドルの取り外しから。

dscf0384
赤丸のネジを+ドライバーで取る。

dscf0385
外れました。

スポンサーリンク

分解:調整ナット

dscf0387
反対側の調整ナットを取ります。
左に回すだけ。

dscf0388
取れました。

スポンサーリンク

分解:調整カラー

dscf0389
引っ張れば取れます。

分解:スプリング

dscf0390
引っ張れば取れます。

分解:側面のプレート

dscf0386
まずはハンドル付いていた側から。
赤丸3点のネジを外します。

dscf0391
ネジを外しました。

dscf0392
プレートが取れました。

分解:シャフト

dscf0393
ゆっくり引っ張れば取れます。

dscf0394
シャフトが取れました。

分解:カッター

全部で4枚カッターはあります。
シャフトを取る時に1枚くっついてきたので
残り3枚。
dscf0395
引っ張れば取れます。

dscf0396
あと1枚が行方不明に。
と思ったら引き出しに落ちてました。

分解:側面のプレート

先程と同じ要領で反対側のプレートも外して
全バラ出来ました。
dscf0397
外したパーツ一覧。
ネジは無くさないように。

清掃:コーヒーの粉を除去

dscf0399
見事に粉だらけで汚れてます。

dscf0398
ブラシを使って落とします。
僕はナイロンブラシがメインで頑固なこびりつきには
ワイヤーブラシで対応。
もちろんカリタ専用ブラシとして他の用途では使ってないです。

dscf0400
取れました。

dscf0401
他のカッターやシャフトの汚れも取れました。

dscf0402
こんな所にも溜まってます。

組み立て:カッターとシャフト

dscf0403
真ん中のカッター2枚は向きがあるので、
間違えないように。
両サイドのカッターは気にしなくて大丈夫。

dscf0404
調整ナット側のプレートを取り付けて
シャフトを組み込みます。


上2枚の写真は真ん中のカッター2枚が
逆です(^^;
正しくはコレです。

dscf0405
溝に合わせて入れます。

組み立て:スプリング

dscf0406
シャフトに入れるだけ。

組み立て:調整カラー

dscf0407
溝があるので奥まで入るように
回しながら入れて溝を探し出す。

組み立て:調整ナット

dscf0408
右に回して取り付け。

dscf0409
調整カラーが溝にハマってないと
しっかり止められません。

組み立て:側面のプレート

dscf0410
ハンドル側のプレートを取り付け。

組み立て:ハンドル

dscf0411
ネジが収まる凹みがあるのでそこに合わせる。

dscf0412
あとはネジを締める。

完成

dscf0413
出来ました。

まとめ

こうやって整備するとモノにも愛着が湧きます。
このミルは鋳物で出来ているので、
メンテナンスさえすれば長寿。
これからも大事に使います。
img_0008

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

やーまん

山奥に移住し、のんびり暮らしています。
日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA