静岡県民のソウルフード『さわやか』のハンバーグを食べた

先日、西へ東へと移動が立て続けにあり、
静岡を通過中にあのレストランの存在を思い出し立ち寄ってみました。

そう静岡県民が愛してやまない、あのレストラン『さわやか』へ。

げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか とは

げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか
炭焼きレストランさわやか(すみやきレストランさわやか)は、静岡県浜松市中区に本社を置くさわやか株式会社が運営する、静岡県のみにチェーン店を持つステーキ、ハンバーグレストラン。静岡県西部(遠州地方)などでは一般に単にさわやかと呼ばれる。

静岡県内のみで展開しているレストラン。
げんこつサイズの自社工場で作られたハンバーグがメイン商品です。

残念ながら他県には無いため、静岡県でしか味わえません。

げんこつハンバーグがやってきた♪

ハンバーグをオーダーすると熱々の鉄板に載って提供され、
スタッフさんが客の目の前で切り分けてくれます。
これが楽しみの一つでもあります。

熱々なので肉汁が飛んできます。
そのため台紙を持ってガードします。

準備が出来たらスタッフさんが切り分け開始。

上から押さえつけてジュー!

もう1回ジュー!

最後にソースをかけてもらって出来上がり。
ソースが熱々の鉄板で熱せられて、美味しそうな香りが
顔を包み込みます。
これで美味くない訳が無い!

『よく焼き』でオーダーしてみる

通常の注文では焼き加減をレアで推奨されます。

天の邪鬼な僕は、焼き加減は『よく焼き』とオーダーします。
その『よく焼き』でオーダーしたハンバーグがこちら。

レアだと目の前で切り分けしてもらえますが、
『よく焼き』だと厨房で既に半分にした状態で提供されます。

↑裏面がこちら。左は通常のレア状態。
焼き加減が明らかに違います。

左のレアは中が赤いですが、『よく焼き』はしっかりと焼けています。

個人的にはレアよりもこちらの方が
噛めば噛むほど味が出て美味しく感じます。

ソースは自分の好みでかけたいので、
まずは素のハンバーグを楽しんで食べてます。

また静岡行ったら『さわやか』行きたいなぁ♪

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

やーまん

山奥に移住し、のんびり暮らしています。
日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA