若いスギナを食べてみる

自転車でブラブラしてると、 アレ?もしかしてツクシ? ツクシがいっぱい!! スギナになりつつあるのも多かったですが、 なるべく先端の胞子が開いていない物を中心にピックアップ。 全部で約1.2kg 実は人生はじめてのツクシ採りでした。 ツクシが食べられる事を最近知ったので、採取しました。 調べると食べるには『ハカマ』を取る必要があるとの事。 茎の途中にあるハカマを一つ一つ手作業で取ります。 こんな感じ。 1.2kgも採れて喜んでましたが、 その分、沢山ハカマを取らないとね^^; 結局全部取るのに3時間くらいかかりました。 アク抜きは特にせず、沖縄のラードで炒めてみます。 醤油で味付けして ハイ完成。 アク抜きはしませんでしたが、特に苦味も無く、 とても美味しかったです。 ハカマ取りは時間かかりますが、 その手間の苦労を超える旨さに、 またツクシ採りへのモチベーションが湧くのでした。 井上 古式じょうゆ 1.8L posted with カエレバ 井上醤油店 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング
https://back2nature.jp/daily/cooking/many-horsetail ツクシが食べられる事を覚えて、 この春にトータルで10kgは採りましたね。 写真に写っているので大体1.2kgくらいです。 お陰でハカマ取りはかなり上達しました。 沢山食べたので、美味しいツクシの判別方法が見えてきたのでメモしておきます。 写真に写っているツクシはアウトです。 先端の胞子が開いているのが特徴です。 美味しいのは右側の胞子が開いていないツクシです。 左側のツクシは胞子が開きだしてます。 最初は無闇矢鱈に採っていましたが、 厳選して採るようになりました。 シンプルに炒めるだけで食べることがほとんどでしたが、 卵とじも美味しい食べ方でした。 来年もツクシ採りが楽しみです。

ツクシにハマった春ですが、どんどんスギナに進化してしまい、
ツクシはまた来年。

さてこのスギナは食べられないのか?
チャレンジしてみました。


なるべく若そうなスギナをピックアップ。


ハカマは取らずに炒めてみました。


ツクシに比べてやや硬めですが、十分食べられる事がわかりました。
ハカマを取らなくてもOKなのが良いですね。
ツクシはハカマ取りで、かなりの時間を使うので、
その時間分を差し引けば、対等かな^^;
でもやっぱりハカマ無しのツクシが食べたいです。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

やーまん

山奥に移住し、のんびり暮らしています。
日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA