レインボーストーブの芯を交換する

と思いきやトラブル

しばらく使って消火しようとダイヤルを回しても
回らない・・・

強制消火レバーを作動させても消火できず。

って事でカバーを外して確認してみると、
また汚れが付着していて
レバーを回しても引っかかり中に入り込まない。

汚れを除去すると出し入れはOKになります。

やっぱり交換だ

で、数日使ってましたが、上記の状況に毎回なるので、
毎回バラして清掃も面倒だし、
何より消火出来ないのが危険。

新品に交換することにします。

まぁ手順は前記の通りです。

新品と今まで使っていた物。
芯の先っちょが膨らんでいるので、これも原因なのかな?

このピンを

溝にはめ込みます。

3つあるので全てはめ込んで、
芯を馴染ませます。

交換完了。
レバーが凄くスムーズに回るようになりました。
もちろん消火も出来ます。

そして何より火力の調整がちゃんと出来るようになりました。
これがこのストーブの本当の姿だったのね。

って今までが宜しくない状況だったのが
よく分かりました^^;

でも何度も分解したので、構造がよく分かりました。
シーズン終わりにはまたメンテナンスしよう。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

  • やーまん
  • 山奥に移住し、のんびり暮らしています。
    日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA