耕運機こまめF210のエンジンオイルを交換

不耕起で畑と意気込んでいましたが、
やはり荒野は最初にある程度耕すことが良しと判断。

前に住んでいた所で家庭菜園をやっていた時に使っていた
小型耕運機。
あるのに使わないのも勿体ない気がして使う事にしました。

この地に来てから使ってないので、もう2年以上放置状態。
まずはエンジンオイルの交換をしてみます。

六角ボルトの取り外し

まずは六角ボルトの取り外し。
これを外すとオイルが出てきます。

廃オイルの受け皿に空きペットボトルの上部を切って使用。

左に回してボルトを緩めます。

廃オイルを出す

手で回せるくらい緩めたら、本体を少し傾けて
受け皿に流れるようにします。

準備が出来たらボルトを外してオイルを出します。

今回出た廃オイル。
前回交換した後にあまり使って無かったので、
色はあまり変色していない様子。

オイルが全部出たら外したボルトを締めなおします。

新しいエンジンオイル

準備したエンジンオイル。
今回はホンダ純正のエンジンオイルを使ってみます。


用途を見ると幅広く使えますね(^^ )


先ほど外したボルトの上にオイル注入口があります。
キャップは手で外せるので、左に回して外します。

早速オイルを注入します。

これ位入れたらOKかな。
外したキャップを締めて終わりです。

交換完了

交換後に久々にエンジン始動。
特に問題なく動きました。
さて耕すぞ。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

やーまん

山奥に移住し、のんびり暮らしています。
日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA