一輪車(ねこ)の空気漏れをバルブ交換で改善

色々と物を運ぶ際に便利な一輪車。

タイヤの空気漏れが酷くて、3日くらいである程度抜けてしまうので、
その度に空気を入れてました。
遂には空気を入れても即抜けてしまい全く機能しなくなりました^^;

タイヤ交換を考えましたが、バルブの交換でいけるかもと思い、
バルブ交換してみました。
ちなみに人生初めてのバルブ交換です。

まずはキャップを外します。

次にバルブを押さえているトップナットを外します。

特に工具は必要なく、左に回せば外れました。

バルブを引っ張り出しました。
本来虫ゴムと呼ばれるゴムが付いているはずですが、
完全に無くなっていました。
そりゃ空気が漏れるわけで^^;

より安価で済む虫ゴムの交換を考えましたが、
メンテナンスフリーが謳われている
スペシャルバルブへ交換してみました。

バルブ、ナット、キャップですね。

まずはバルブを差し込みます。

ナットを取り付けバルブを固定します。
右に回せば閉まります。

空気を入れて漏れが無い事を確認できたら、
キャップを付けて完了。

3分程で終わる簡単な作業でした。
1週間ほど経過しても空気は漏れてないようで、
効果覿面でした。
てきめんって覿面って書くんですね。

英式バルブなら何でも合うようなので、
汎用性はありますね。

さぁこれでまた色々とネコちゃんに運んでもらいます。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

  • やーまん
  • 山奥に移住し、のんびり暮らしています。
    日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA