自ら出したブツで苗作り

我が家は上水、下水とも無い僻地。
トイレは自作コンポストトイレです。

自作コンポストトイレを導入して1年を過ぎました。 https://back2nature.jp/diy/compost-toilet 過去記事に制作過程がありますので、興味がある方はご覧ください。 近況ですが、 大きい方は大体3ヶ月分くらいを1カ所にまとめてます。 今年の1~3月分のブツはかなり土に変化してきて、 匂いはもちろん無く、第三者が見れば これが元ブツとは分からないと思います。 で、その部分はミミズがいたり キノコが生えてきたりで、堆肥化してるのでは? と思われる状況です。 どのタイミングで畑に還すかは決めていませんが、 これで食べ物の循環サイクルが出来そうです。

さてさて人間が自ら作り出すアレが土になってる事を
以前お伝えしました。

これがアレとは分からないよね。
ニオイははもちろんありません。

ポットに入れてみたよ。

種播いたら生えてきたよ。

昨年はBack to Natureを目指して、
種は畑に直接播いて水やりなど一切しませんでした。
そんな状況でも色々と収穫は出来ましたが、収量にバラツキがありました。

もう少し収量を上げたいので
今年は面倒ですが色々と苗作りしています。

今のところ苗が焼けるような事も無く、
無事にみんなスクスクと育っています。

土になるのに約1年くらいかかりますが、自分のアレで苗が作れることが分かりました。
これで循環の仕組みが確立出来そうです。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

やーまん

山奥に移住し、のんびり暮らしています。
日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA