草刈り機のギヤケースを交換した

気温も上昇し、草刈りのシーズンに突入。
しばらく草刈り機で刈っていたら、先端からカラカラと異音が・・・

とりあえず刃を外して、チェックしてみます。

ヘッドやギヤケースと呼ばれるこの部分が怪しい。

外してみて、シャフトを手で回すと、ベベルギヤと呼ばれる内部パーツが
空回りする部分がある事が分かった。
恐らくギヤが欠損していると判断。
ギヤの交換をすれば出来そうと思ったが、部品の調達方法がわからず断念。
ギヤケースを丸々交換する事にした。

OEMのギヤケースASSYを注文。
僕の草刈り機はBタイプが該当した。

新旧を比べてをみたが、ビス穴の位置などは同じの様に見える。

こんな感じのセット内容です。

グリス注入ボルトを外して、中も確認したが、
グリスアップはされている様だ。

早速付け替えてみたが、
特に加工する事無くピッタリと納まった。

試運転してみたが、問題なく刃も回転する。
ちょっとした出費だったけど、
買い換えるよりは安く済んで良かった。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

やーまん

山奥に移住し、のんびり暮らしています。
日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA