3日間の断食後の回復食

https://back2nature.jp/daily/health/dietary-composition-2017-03 先日の記事ですが、執筆時点で どうも背中の調子が悪く、痛みを感じていました。 1週間前から夕方以降に痛みを感じ…

先日3日間の断食を行いました。
断食明けからの食事内容をメモしておきます。

スポンサーリンク

回復食とは

復食とも呼ばれてますが、
断食日数と同じ日数をかけて
徐々に食事内容を変えていきます。
初日は赤ん坊レベルの食事から始まり、
固形物はアウト。
2日目、3日目と徐々に時間をかけて
固形物が食べられるようにしていきます。

スポンサーリンク

回復食:1日目

1年以上3食は摂らない生活だったので、
今回の回復食も3食は摂らず
2食で進めてみたいと思います。

断食明けの朝は、声がかすれて
内緒話をしている様な感じになりました。
そして体を動かすのが億劫でした。

最初の食事は玄米粥にしました。
玄米約30gを細かく潰して
水を沢山使ったお粥にしました。
600ml以上使ったので三分粥程度でしょうか。
固形物は無い様な感じですが、
一口、一口を味わいながらゆっくり食べました。
気がついたら、1時間かけて食べてました。

少し時間を空けてから豆腐を1/4丁食べました。
これも時間をかけてゆっくり食べました。

夕方に玄米の量を約40g、そして豆腐を1/4丁を
上記と同じような形で頂きました。
水は800ml以上使ったので、まだまだ三分粥程度。

この日は塩や醤油は摂らず、
素の状態で頂きました。

1食目、2食目共に、食べてる最中から
体の発熱を感じ、食べる事でパワーを頂きました。
まだまだ立ってるだけでも、しんどいですが、
朝の起きたてに比べたら、幾分回復してきました。

スポンサーリンク

回復食:2日目

断食を始めてから夜は氷点下だったのが、
昨夜はそこまで下がらず、
食べたことも有り深い眠りにつけました。

かすれていた声も良くなり、
体も1日目より動く感じで少しづつ戻ってきてる感じです。

今日のメニューは1日目と同じ量です。
豆腐を先に食べてから玄米粥を頂きます。
そこに少量の塩と醤油を付け加えてみました。
2食目の最後に梅干しを食べました。

回復食:3日目

2日目よりも体調は良くなり、あと少しな感じ。

今日の食事は玄米の量を約75gにしてみました。
水は750ml程で五分粥程度になっていると思います。

豆腐を1/4丁は変わらず。
昆布と椎茸を入れたダシ汁から作った
野菜スープを追加。
畑で採れた生野菜も少量食べました。
塩と醤油の量も少し増やしました。

1食目を食べ終えて、かなり活力を感じました。

2食目も同メニューを取り入れて本日は終了。
1食目よりも更に力を感じ良い感じ。

各食事ともに約2時間づつかけて食べ終えました。

この3日間で咀嚼が多くて、コメカミ近辺が
筋肉痛になってきました^^;

久々の便が夜に出てきて、
お腹も少しづつ運転開始した様です。

これで回復食の期間が終わりましたが、
明日からも食べ物に気をつけたいと思います。

3日間の回復食を終えて

断食のキッカケとなった、
背中の痛みは現時点では発症せず、
今を過ごせてます。
今後もまた再発しないように、
食べる量を考えながら過ごしていきたいと思います。

そして食べる時はしっかりと咀嚼回数を意識する事。
今回の回復食期間で学んだ事は、
少量でもしっかり咀嚼すれば、十分お腹を満たすことが出来ることです。
唾液もしっかり分泌されて、お腹にも優しい食べ方。
ゆっくり食べる食事は苦手でしたが、
コレを機に改善したいと思います。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

やーまん

山奥に移住し、のんびり暮らしています。
日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA