コンポストトイレの自作 1:便座作成

現在住んでいる山小屋にあるトイレ。 下水はもちろん通っていない山奥なので ボットン便所。 もちろん水洗化は無理。 さてこのままボットン便所で過ごすのか? ボットン便所のデメリット 物心付いたとき最初のトイレはボットン便所。 そのため驚きは無い。 シンプル構造のためタンクが満タンにならない限り 災害時でも使えるが、虫の発生と臭いが最大のネック。 タンクが満タンになる前に汲み取りを依頼する必要があり、 お金もかかるので何とか出来ないものか? コンポストトイレ 色々調べていくとそれを解消するトイレがありました。 それがコンポストトイレ。 バイオトイレとも呼ばれている様ですが、 水、電気不要。 ボットン便所と同様に排泄物はタンク等に貯めるシステムだが、 大きな違いがウンコとオシッコ、更には紙までも分別する所です。 ニオイの原因は混ぜる事により発生する。 分別することで、ウンコはスムーズに微生物が分解し堆肥化。 オシッコはそのままではキツイので水を混ぜて液肥に。 これが上手く実現すればリサイクル出来ますね。 Let's DIY 【入荷待ち】SunーMarコンポストトイレ(バイオトイレ)電気を使うモデル「エクセル」 設置用部品付属DIY家庭用ヒーター内蔵posted with カエレバ 庭仕事ひろばヤフーショッピング店 Yahooショッピング 市販品も販売もされている様ですが、 20万円以上するみたいで、ちょっと手が出せないです。 自作DIYでトライされている方も多く、 僕もその流れに乗ってコンポストトイレを作ってみます。 親からは両手左手と称されている(不器用って事です) 小生に作れるのか? シリーズ『コンポストトイレの自作』乞うご期待? https://back2nature.jp/diy/compost-toilet/compost-toilet01

以前考察した、
ライフラインが整っていない、山暮らしに必要と感じた、
コンポストトイレを作っていきたいと思います。

便座の作成

そもそも便座が必要かなのか?
って所ですがとりあえず作ってみます。

アマゾンに便座だけって売ってる!
思わずポチりそうになりましたが、
が、今回は木製に拘りたいのでDIYで行きます。

DSCF0048
あんまりペラペラの板だと強度が心配。
DSCF0049
今回は24mmの板を選択。
値段は3,980円で既成品の↑便座より高いことは内緒だ。

ウチにあるトイレの便座を外して
鉛筆で型取り。
そして型取り中に備え付けの便座が割れているのを発見。
やはり厚みの必要性を実感。
それよりウェイト落とせよっと一人ツッコミを入れる。
DSCF0050
大体テキトーです。
板は半分以上余りそうなので、弐号機を作成する際にとっておくか。
なので先ほどの価格からプライスダウンで
実質1,990円で一つの木製便座を作れる計算です。

板のくり抜きには
以前頂いたジグソーを使ってみます。
DSCF0051

初めて使うジグソーですが如何に・・・

DSCF0052
ドンドン勢いで進んでいくので、途中経過の撮影は無理。
とりあえずなんとか出来ました。
結構ガタガタですが(笑
DSCF0053
内側もくりぬき。
dscf0126
ではサンドペーパーでゴシゴシして形を整えたいと思います。
DSCF0082
全体を荒削り。
DSCF0083
部分的に形を整えつつ。
dscf0127
こんなところでしょうか。
まずはここまで。
次は便座の蓋かな。

https://back2nature.jp/diy/compost-toilet01 前回便座を作ったので今度はふたの作成です。 板の選択 ふたの上に乗ったり座ったりする事は無いので、 便座に比べて少し薄い板をチョイス。18mm 1,780円でした。これも便座同様1/2しか使わないので 実質890円。 とりあえずここまで掛かった費用。 便座 1,990円 便ふた 890円 合計 2,880円 型取り 前回作った便座で型取り。 そしてジグソーで切り抜き。 ヤスリで削って仕上げ。 木目が・・・ 出来た便座と便ふた並べて「ワ~イ」と 喜んでいましたところ、 やーまん出来た~♪ やーまん妻あんた木目がバラバラよ! やーまんやっちまった~! 木目が便座と便ふたで違うことを 妻に指摘され驚愕! でも自分たちで使うだけですから 気にせずこのままでいきます。 https://back2nature.jp/diy/compost-toilet/compost-toilet03