コンポストトイレの自作 6:天板の作成

https://back2nature.jp/diy/compost-toilet/compost-toilet04 前回作成した枠組みの補強です。 流石にボンドだけでは強度無いので、 2×4材と1×4材を使ってみました。 ツーバイ材 【約38×89×1830mm】[2×4]1本入り<O>posted with カエレバ ノンブランド Amazon楽天市場Yahooショッピング SPF 1×4材 19×89×900 4枚セットposted with カエレバ 東九木材センター Amazon楽天市場Yahooショッピング コーススレッドを使って とりあえず四隅の角に2×4材を当てて止めてみました。 奥の2×4材の上に1×4材を固定。 さらにその前面に1×4材を支柱として固定。 1×4材を支柱と手前の2×4材の上に1×4材を固定。 のはずが・・・ まさかの寸法測り間違えにより届かない・・・ 余っていた1×4材をノコギリで切り落とし対応。 とりあえず補強はここまで。 段々それっぽくなってきて嬉しい。 https://back2nature.jp/diy/compost-toilet/compost-toilet06

前回で枠組みと補強が出来たので、
今回は天板の作成。

天板に採用したのはパネコート。
合板に表面がウレタン塗装されてる物です。
dscf0901
裏は未塗装の合板。
dscf0902
尿等の跳ね返りが板に付くことを考慮して
掃除がしやすいと思いパネコートにしました。
塗装されてる側を内側に設置します。
dscf0903
仮置きして枠に合うようにノコギリでカット。
こんな感じになりました。
dscf0904
天板を開け閉めする事が多いので
最終的には蝶番を使う予定。
その為、天板を2つに分割カット。
dscf0905
ウエスタン蝶番を採用。
とりあえず今回はここまで。

https://back2nature.jp/diy/compost-toilet/compost-toilet06 便座を作る所から始まったこのコンポストトイレ。 今回はその便座と便ふたを連結する作業です。 便座とふたを作ったのは良いものの、 それを連結するよいヒンジが見つかりません。 ebayでヨーロッパより入手する事にしました。 1週間くらいで到着。思ったよりも早い! 開封して部品確認。 本体は問題無かった。 今回はココからオーダー↓ 木製便座用ヒンジ金具セット では取り付けに。 金色に光る金具が眩しい。 とりあえず便座を付属のネジで止めてみる。 良い感じ。 そして便ふたもネジ止めしてみた所、 付属のネジが長すぎて便ふた貫通・・・ そして金具のカーブが便座に合って無くて、 金具が当たる部分の削りだし作業へ。 貫通した事で動揺し、写真は撮り忘れ(笑 で、まぁとりあえず形になったので良しとします。 とりあえず便座を上に乗せてみると さらにそれっぽくなってきました。 今日はここまで。 https://back2nature.jp/diy/compost-toilet/compost-toilet08

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

やーまん

山奥に移住し、のんびり暮らしています。
日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA