ハジマヨトウの幼虫に淡竹が喰われる

ウチの敷地内に竹は生えているが、 5月の連休過ぎてもタケノコは出てこないので、 採れないのかなと思っていました。 そしたら5月も終わるタイミングでニョキニョキ出てきました。 でも何か見たこと無い形・・・ 調べてみたらタケノコも種類があるんですね。 知らなかった。 ウチの敷地内に生えてくるのは『淡竹(はちく)』でした。 よく見るのは『孟宗竹(もうそうちく)』。 淡竹は孟宗竹に比べてアクがそこまで強くないようです。 朝日に照らされる小ぶりな良いサイズを 早朝に収穫。 早速食べてみましたが美味美味。 しばらくタケノコが続きそうです。 http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/357622.html 最近静岡では淡竹の花が咲いたみたいです。 そして咲いたら死滅する淡竹!! 復活まで10年・・・ ウチのは何時、咲くのやら・・・

先日淡竹の記事を書きましたが、収穫した淡竹に虫が住んでいることもありました。

こんな感じで穴が空いているので、すぐにわかります。

ハジマヨトウの幼虫と思われます。

淡竹が地上に出てくる初期段階でやられると、
可食部がかなり少なくなっていて、色も悪い感じ。
彼らより早くに見つけなければ。