ムネアカオオアリをアリメツで退治する

昨年ムネアカオオアリが我が家を食い荒らしてました。

寝床につくと何やらカサカサ音がするなぁと思いながら数日。 細かい木片が目立ち始めて??? 床材を外してみると・・・ やーまん柱がガタガタ・・・ 大量のアリが柱の中からコンニチハ! 根太が思いっきりやられてました^^; 主犯はこのムネアカオオアリ。 殺虫剤は使いたくありませんでしたが、対処できる量ではなかったので、使いました。 今回使った殺虫剤はこれ↓ アース製薬 虫コロリ ノンスモーク霧タイプ 100mLx2個パックposted with カエレバ アース製薬 Amazon楽天市場Yahooショッピング 床下に2個設置しました。 翌日チェックすると、 とりあえず目視出来る範囲内には生存しているアリは無く、 被害は最小限で食い止められたかな? 山小屋だけに虫は豊富。 共存と思い殺虫剤は使わずに生活していましたが、 柱をやられるのは流石に勘弁してほしいです。 やーまん柱どうしよう^^; そして1年後、 再び残党が勢いを増して出てくるのでした・・・ https://back2nature.jp/animals-and-plants/insect/camponotus-obscuripes-with-arimetu

しばらく見かけませんでしたが、最近また現れるようになりました。

スポンサーリンク

内壁を外すと

頻繁に見かける場所の壁を思い切って外してみました。
すると中から沸いて出てくるムネアカオオアリ^^;

とりあえずバーナーで炙って退治。

かなりの数をやっつけました。
しかしまだまだ奥に居る感じ。

柱はガッツリやられてます・・・

スポンサーリンク

薬剤で退治を試みる

以前バルサン系の霧タイプの薬剤を使い、
退治を試みました。
恐らく退治仕切れなかった残党が
今回沸いて出てきた物と思われます。

今回の事で分かったのは霧タイプの薬剤で全てを退治するには厳しい。

そこで今回は液体の薬剤を使ってみます。
アリメツと呼ばれる物が評判が良さそうだったので、
これを買いました。

どれ位使うか分からなかったので2個注文。

液体本体と簡易専用トレイが付属してました。

スポンサーリンク

アリメツの設置


専用トレイに液体を注ぎます。


アリが出入りしている近くに設置。


しばらくしたら早速食いついてます。

観察していると、液体に食らいついたアリは
その後、薬剤が効いてくるのか、ヨロヨロしたり
歩行が怪しくなります。
即死はしませんが、徐々に効いて
ご臨終を迎えるようです。

にもかかわらず、アリにはご馳走の様で、
とっかえひっかえでアリ達がガンガン食らいついてきます。

その後

その後定期的に液体を注ぎ足しをして
約15日ほど経過した時点で、
それまでウロウロしていたムネアカオオアリが少なくなり
約20日で姿を見かけなくなりました。

これで完全に退治できたのかな。
時間は掛かりますが、確実に退治できるならこれですね。

ちなみにトレーに注いだ液体はしばらくすると半硬化します。
そうなるとアリは全然興味を持たなくなるので、
無駄になります。

そのため、アリが食べきる量を提供するのがベストでした。
多めに用意して食べきれなかった液体は
1日程で半硬化して、無駄になる事がありました。

今回はアリメツ1本で済みました。
残った1本はまた出てきたときのお守りですね。
と言うかボロボロの柱どうしよう^^;

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

やーまん

山奥に移住し、のんびり暮らしています。
日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA