栗と梅の剪定

冬に剪定するのが良いとの事で
栗と梅の木の剪定をしてみます。

目次

https://back2nature.jp/daily/hill/try-silky-hayate

以前栗の木の剪定は一部しましたが、
まだまだ手のつけられてない栗の木があります。
今回も腐りつつある木を中心に剪定してみます。
かなり巨大化した栗の木ですが、
ハヤテのお陰で上の方まで届いてくれます。


左の2本が脆くなってきているので、切断します。

結構長いので根本から切ると割れたりするので、
途中で一度切断します。

なるべく根本付近から切りました。
続いてお隣も。

こちらも同じ要領で途中でカットしました。

そして同じく根元付近からカット。

小型に剪定するのが主流の様ですが、
いきなり小型化に剪定するのも
環境が大きく変わりすぎて怖いので、
まずは少しづつやってみます。


梅は緑の色をした、今年新しく生えてきた長い枝、
徒長枝(とちょうし)を中心にカットしてみました。
こちらの梅の木は昨年沢山実をつけていました。

徒長枝から生えている花芽(かが)。
初年度には花が咲き、次の年に実となる。

前オーナーが実を収穫後、僕がこの土地を引き継いだので
今年出来る梅が今から楽しみです。
こちらもカットはほどほど。

ビフォーアフターがわからない程度。

今年の出来をしっかり見て次の剪定時期に
活かせればと思います。

やーまん

山奥に移住し、のんびり暮らしています。
日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

関連記事