【2019年】原木しいたけの仕込み

今年で3年目の原木しいたけの仕込みです。

この冬はバシバシ木を切ったので、原木が豊富にあります。

今までは栗の木を使っていましたが、今年はクヌギとコナラです。

そして原木に穴をあける錐を新調しました。

大西工業株式会社製の物にしてみました。

過去2回使ったキリの芯の部分が削れてしまってドリルで回すと空回りしてしまうからです。

左が森産業製のキリ。新調したキリとほぼ同じ形でした。
刃はまだ生きてるので勿体ないのですが・・・南無。

新調したキリをドリルにセットして、

原木に当てて

ドリルを回して穴をあけます。

あきました。

ホームセンターなどで手軽に入手できる種駒です。
今年も400個入りの物にしました。

この中に種駒があります。

ギッシリ駒に菌が付着してます。

これが種駒です。

これを先ほどあけた穴にセットします。

ゴムハンマーで叩いて駒を埋めます。
ピコピコハンマーでは埋まらないので注意が必要です。

1回か2回叩くと埋まります。

1本の原木に40個くらい打ち込みます。
なので今回は10本の原木を使いました。

終わったら原木に光が当たらないようにカバーをして寝かせます。

隣には初年度に仕込んだ原木があります。

もうシイタケが発生してました。
今年も椎茸いっぱいとれるのかな。

そして今回仕込んだ原木からも椎茸が出来ますように。

ちなみに設置している場所は、周辺に天然キノコが生えてくるので、
キノコに適している環境と勝手に判断してます。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

  • やーまん
  • 山奥に移住し、自然に囲まれ暮らしています。
    日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA