松の蝕害

長期に渡り放置されていた土地だけあって
葛のツルがありとあらゆる植物に絡んで、
切り落とすのも一苦労。

切り落としたら完全に隠れていた植物が出てきたりで、
これはこれで新しい発見で楽しい。

異変に気がつく

松の木に絡まっていたツルを切り落とした所、
松葉が綺麗に無くなっている部分が点在。

よくよく観察すると凄いの発見。

正体は・・・

ネットで調べたら正体判明。
マツノクロホシハバチの幼虫。

お食事中の方、虫苦手な方はスクロールしちゃダメ(笑

















大きい写真で見たい方はクリック♪

みんな一斉に伸縮しながら、
葉っぱを爆喰いする動きがおもしろい。

蝕害で全滅の恐れ

このままほっておくと松葉が全部なくなる恐れが!!
申し訳ないが駆除する事にした。
4箇所にそれぞれ集団でお食事。
200匹はいたかな。

駆除方法は

薬剤の散布は避けたい。
噛み付いたり、棘がある訳では無いので
オール手掴みで水を張ったバケツに入れて水没の刑。

今後は

また再発生する恐れもあるので、
定期チェックする必要アリ。
松の木がご自宅にあるかた要注意です。