4種類の狩猟免許を取得してみる


住んでる場所が山奥だけあって人の数よりも
獣の数が多いと感じる今日このごろ。
畑エリアは獣が通っている痕跡があるしね。
密かなブーム?らしい狩猟免許を取得して、
獣から自宅周辺と身を護りたいと思います。

免許の種類

・網猟免許
・わな猟免許
・第一種銃猟免許
・第二種銃猟免許
使用する猟具によって4種類の免許区分です。

銃はもちろん猟具と呼ばれる各道具は
見たことも触ったことも無いので、
どんなもんでしょうか?

そんなよく分かってない状況ですが、
無謀にも4種類全ての免許試験に申し込みました。

試験申込時に必要な書類

・申請書
・収入証紙
・顔写真
・医師の診断書
・返信用封筒と切手

各都道府県で微妙に異なるかもしれません。
申請書は各都道府県のサイトより入手可能です。

医師の診断書

これの取得が一番大変だった。

かかりつけの医師がいればイージーかと思われるが、
今のところ五体満足で病院には行かない派です。
とりあえず診断書のテンプレートを持ってアポ無しで
精神科や内科の個人病院に突撃。

やーまん(笑い顔)

やーまん
診断書の作成をお願いしたいのですが?

受付

受付
ウチではやってません

やーまん(どよーん)

やーまん
なんだって~

狩猟免許に診断書が必要な旨を受付で伝えると、
「ウチではやってません」と断られること3件。

推測するからに、
受付の人が猟銃の免許と勘違いしている可能性大です。
猟銃免許の診断書は精神保健指定医である必要がある様ですが、
狩猟免許は歯科医以外なら診断可能です。

って事を文面化している猟友会のチラシを印刷して持って行った
4件目にしてやっと書いてもらえました。
しかも1,000円ポッキリで書いて頂き最高です。

試験申し込み先

試験は何時でもやってる訳ではなく、時期は都道府県によってバラバラ。
申込先も住んでる地域によってマチマチなのでよく調べる。
免許を取得すれば有効範囲は全国共通みたいです。

初心者講習会:申し込み

試験前に開催される事が多い講習会。

狩猟とは無縁の世界で生きていましたので、
もちろんこの講習会には参加申し込みしました。

お勉強

講習会まで待ちきれずとりあえず本で学習。
なんとなく世界観はつかめたかな。

↓初心者講習会に行ってきた話です。

https://back2nature.jp/animals-and-plants/hunting/hunting-license 先日狩猟免許の試験申し込みをしました。 狩猟経験値0ゼロの人間が試験をパス出来るとは思えないので 試験前に開催される初心者講習会に参加してきました。 初心者講習会:当日 地域によって異なると思いますが、 午前中から夕方近くまでみっちり1日でした。 100名を超える参加者が居て意外と盛り上がってる?って印象。 午前中は座学 http://moriniikou.jp/ 僕が参加した地域では(社)大日本猟友会が発行する狩猟読本を 教本として配られ、これを基に勉強しました。 地域によっては+試験例題集も配られる様です。 割りとページ数も多く、これを試験までの1週間で覚えるのは至難の業。 講習会では教科書からどの部分が良く出題されるか的を絞った内容でした。 久々に蛍光マーカーと赤ペン使った(笑 午後も座学 お昼休みを挟んで午後も座学。 講師の方が年配の方に変わり、教本を全て棒読みで、 なんだか眠い感じに^^; 一通り終わると実技講習へ。 実技講習 いよいよ実技講習です。 教科書から得る知識は家に帰ってから学習出来るけど、 実技試験で使う猟具に触る機会はここだけなので、結構真剣。 それぞれ受験する種類によって別れて受講する形でした。 私は4種類だったので、順番に各猟具の説明を受ける形になりました。 が、各種一斉スタートなので、最初の猟具の使い方を教わった時には 既に他の猟具の説明は終わっていて、各自猟具を使った自主練習的な形。 網→箱→銃の順番で受講しましたが、 箱と銃に関しては講師の方に直接質問しながら、 使い方を学びました。 初心者講習会:感想 これは絶対参加すべきです。 猟具は試験で使われるの物が触れるので、 特に僕のような今まで見たことも触ったことも無い人間には またとないチャンス。 銃の分解・組み立てとか知らないって! それと銃の試験で最後に出題される目標までの距離は 何mになるか数値の答えを教えてもらえました。 今回4種類の同時試験で出題範囲も広くなり、 筆記、実技共に要点が抑えられて、効率が良かった。 試験までとりあえず良く出ると教えてもらった 鳥の写真と名前を覚えなければ(笑 試験の結果は如何に? https://back2nature.jp/animals-and-plants/hunting/hunting-license-test

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

やーまん

山奥に移住し、のんびり暮らしています。
日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

関連記事