Word Balloon PRO マニュアル 5 – 通常設定と定型文の登録

通常設定と定型文の登録

投稿画面でWord Balloonの画面を表示した際の
各種設定を予め設定する事が出来ます。
またよく使う文章は定型文として登録し、
セリフに挿入する事も可能です。

Word Balloon PRO設定画面の表示

Word Balloon PRO設定画面を開きます。

赤い矢印の先にある各種設定を選択します。
タブ付きの各種設定画面が表示されます。

Word Balloon PRO設定画面の表示方法が分からない場合はこの記事で確認してください。。

Word Balloon PRO マニュアル 2 – 設定画面の表示 Word Balloon PRO設定画面の表示 Word Balloon PROの設定画面の表示はインストール済みプラグインもしくは ダッシュボード >> 設定 >> Word Balloon PROのいずれかから出来ます。 設定…
 back2nature.jp

では通常設定を解説します。

こちらの設定のほとんどは投稿画面で変更可能です。
ここでよく使う設定を予め登録すれば、変更の手間が軽減されると思います。

通常設定-アバター

1:アバターのサイズ

アバターのサイズを変更出来ます。

2:アバターの位置

アバターの位置を変更出来ます。

3:アバターの画像を角丸にする

アバターを丸か四角の設定が出来ます。

4:アバター周辺に枠線を入れる

アバター周辺の枠線を表示、非表示の設定が出来ます。

5:アバターに影を入れる

アバター周辺に影を表示、非表示の設定が出来ます。

6:アバターを非表示

アバターを非表示にする設定が出来ます。

7:アバターのカスタムサイズ

アバターの各サイズを変更出来ます。

8:影のカスタム

アバターの左右それぞれの影を変更出来ます。

9:枠線のカスタム

アバターの左右それぞれの枠線を変更出来ます。

通常設定-吹き出し

1:吹き出しの形

吹き出しの種類を変更出来ます。

2:吹き出しに影を入れる

吹き出しの周辺に影を表示、非表示の設定が出来ます。

3:吹き出しを全幅にする

吹き出しの幅を文字数に関わらず幅を最大まで広げます。

4:吹き出しが画面に表示される際にアニメーションさせる

投稿された吹き出しが表示される際にアニメーションさせて表示させる

5:アニメーション方法を選択

上記設定が有効の際に使われるアニメーションの種類を選択

6:影のカスタム

吹き出しの左右それぞれの影を変更出来ます。

通常設定-アイコン

1:アイコンサイズ

デフォルトのアイコンサイズを選択

2:アイコンのカスタムサイズ

アイコンの各サイズを変更します。

通常設定-名前

1:名前の位置

名前の位置を変更出来ます。

2:名前の色

名前の色を変更出来ます。

通常設定-ステータス

1:ステータスコメントの色

ステータスコメントの色を変更出来ます。

2:サウンド機能を有効にする

サウンド機能を有効、無効を選択します。

通常設定-かんたんモード

1:かんたんモード

オンにすると主要な設定項目以外は非表示にします。
オフにすると全ての設定項目が表示されます。

2:かんたんモードで非表示にする項目

オンにするとかんたんモードでは非表示にします。
オフにするとかんたんモードでも設定項目が表示されます。

通常設定-その他の設定

1:投稿ページでアバターを優先度順に並べ替える(クラシックエディタ)

投稿ページのアバターの並び順を優先度の数値が小さい物より並び替えします。
オフの場合はIDの順番に並んでいます。
ブロックエディタの並び順はIDのみとなります。

2:Word Balloonを中央揃えにする

投稿された吹き出しを中央揃えにします。

3:ミステリーマンをリストにキープする

アバターを登録するとミステリーマンは非表示になります。
ミステリーマンを残したい方はこちらをオンにします。

4:横並びボックスのボタンを有効にする

投稿画面で横並びボックスのボタンを表示させる場合は
こちらの設定を有効にします。

5:AMPページで有効にする

AMPページでもWord Balloonを有効にします。
ただし発動する条件としては
URLの最後が『/amp/』もしくは『?amp=1』である事です。
それ以外の場合はAMPページとして認知しません。
本来なら厳密に精査出来ますが、テーマとプラグインのロードするタイミングが異なるため、
この様な対応となっています。

またWord BalloonのCSSの容量として約4kバイト必要になってきます。
既存のCSSと合わせて50kバイト内に納まらない場合は、
AMPエラーとなるため、
Word BalloonのCSSは追加しない様になっています。

CSSの容量対策、独自Javascript厳禁のため、アイコンや効果、フィルター、サウンドは
省略する形になります。

動作確認済みAMPを使ったプラグインとテーマ
プラグイン:AMP , YAHMAN Add-ons
テーマ:Twenty Nineteen , Simple Days

6:AMP時に使う第3の吹き出し

AMP時にはセリフと考え事は通常通り表示しますが、
それ以外の吹き出しはここで選んだ吹き出しに変換して表示します。
CSSの容量対策です。

通常設定-定型文

定型文の登録

よく使う文章は定型文として登録が可能です。
1に表示されている各ボックスに文章を入力してください。

設定の保存

各種変更、登録が出来たら保存してください。
下部に表示されている保存ボタンを押してください。

次は吹き出しの設定です。

Word Balloon PRO マニュアル 6 – 吹き出しの設定 各種吹き出しの色の変更が出来ます。 吹き出しの種類によって変更出来る部分は異なります。 Word Balloon設定画面の表示 Word Balloon設定画面を開き、 各種設定を選びます。 矢印の部…
 back2nature.jp

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

やーまん
  • やーまん
  • 山奥に移住し、自然に囲まれ暮らしています。
    日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。