ソフトバンクのガラケー銀SIMをiPhoneで使ってみた

https://back2nature.jp/computer/previous-cell-phone 以前携帯電話の契約をどうするか迷っていましたが、 月159円で話し放題に出来る契約に切り替えて更新してみました。 MNPでauからソフトバンクへ 今までは月1,029円で通話かけ放題のauでした。 この契約で発行されたガラケー専用SIMは auのiPhone4sでも使えました。 モバイルルーターを別途用意して、 ネットは完全にWi-Fiのみで行い、 普通にスマホを持つよりは、 通信費を抑えて維持出来ました。 今回はそれよりも安く出来る脅威の月159円で 話し放題の案件だったので ソフトバンクへ移行してみました。 久しぶりのガラケー 残念ながらauと違ってソフトバンクのガラケーSIMは iPhoneでは使えない様で、ネットはどうするか思案中。 とりあえずしばらくガラケーで過ごしてみます。 電池の持ちがやっぱりスゴく良いですね。 追記:SIMフリーのiPhoneはソフトバンクのガラケーSIMでOKでした。 https://back2nature.jp/computer/mobile/sb-silver-sim-iphone 月159円のカラクリ まずこれは『ガラケーのりかえ割』と『月月割』なる 割引キャンペーンの併用。 それとネットやオプション類の全解除によって成り立つ模様。 契約した初月はオプションの解除は出来ないとの事で、 月が切り替わった1日に157へ電話して オプション解除をお願いした。 実際にかかる金額 残念ながら本当に月159円では維持できない。 My SoftBankでまだ確定前だが以下の料金が請求されている。 税込みで162円になる計算。+3円はユニバーサルサービス料ですね。 なので正確には月162円で話し放題が可能と言うことです。 さらにMVNOで移行するに辺りauとソフトバンクに それぞれ手数料で3,240円支払う。 月月割を適用するために機種代金も支払わなければならない。 初月は割引が適用されない日割り計算。 まだ初月の料金が確定前だがザクッと移行費用で23,000円ぐらいになりそうだ。 3年間の契約のため162円×36ヶ月=5,832円。 これを移行費用と合わせて36ヶ月で割ると 月々約800円ナリ。 それでも普通に契約する事考えたら 安いですよね。 ガラケーのりかえ割は終了 12月20日でガラケーのりかえ割は終了した模様。 なのでこれを記事にした所で、あまり意味は無いが 自分用にメモ。 こんなプランがあったりするので、 更新時期が近づいてきたら、要チェックですね。 3年後の契約更新時期に この様なプランがあれば良いが、 無い時は契約解除か? とりあえず契約終了間際には 最安プランになるように基本料金の変更をお忘れなく。 かけ放題・話し放題の契約は日割り計算が出来ないためです。 今回は月の途中で契約変更をしました。 auはカケホからプランEシンプルに変えるようにしたので、 日割り計算が適用された。 カケホのプランのままだと 月の途中でも全額支払う事になる。 ソフトバンクもホワイトプラン等へ 契約変更を忘れないように 気をつけなければ。 追記:請求料金が確定 1月分は162円の請求で確定しました。 2月分の請求からユニバーサル料金が1円下がるはずなので、 161円の請求かな。 追記:2月分の請求料金が確定 2月分は160円の請求で確定しました。 ユニバーサル料金が1円下がり、消費税も1円下がりました。 さらに最初に購入した機種を売却し、 それに伴い初期費用を幾らか回収できたので、 月々約400円計算で運用出来る事になりました。 元々の携帯をどれ位の価格で買って、 そして売却出来るかで、変わってきますね。

先日ソフトバンクのガラケーと契約しました。

通称『銀SIM』と呼ばれるソフトバンクのガラケーSIMは
SBのiPhoneには使えません。
しかしSIMフリーのiPhoneなら使えるとの情報をキャッチしたので、
実際に試してみました。

SIMサイズの確認


左がガラケーの標準SIM。
右がiPhone5以降に使われているnanoSIM。
このままでは使えない^^;

標準SIMをカットしてnanoSIMへ加工

専用のカット器具がある位なので、
カットするのはメジャーな行為なのでしょうか?

ハサミでも切れそうですが、とりあえずゲットしました。

標準SIM→microSIM→nanoSIM

いきなり標準SIMからnanoSIMへの加工は無理でした。
段階的にカットしていきます。
まずはmicroSIMへカットしてみます。

カッターへセットしてズレが無いことを確認。
思いっきり握って一気にカットします。

出来ました。
同じ要領でカットしたてのmicroSIMをnanoSIMにカット。

微妙にズレましたが出来ました^^;

iPhoneにSIMをセット

バリが残っていたのでヤスリで削り、
SIMトレーに入るように仕上げ。

さて入れてみると




iPhone5sのSIMフリー機で
無事電波キャッチしました。
通話とSMS(ショートメール)はこれでOKです。

ネットはモバイルルーター(Wi-Fi)を使う

ネット通信費を抑えるために、ガラケーの契約内容は通話のみにしています。
そのためガラケーではネットに接続出来ません。

ちょっとここで落とし穴ですが、
スマホでは何故かネットに接続可能で、データ通信が出来てしまいます。

そのためモバイルデータ通信をオフにして、
ネットは必ずWi-Fiで運用する事。
オンの状態で使っていると、とんでもない金額が請求される事態に。

以前auのガラケーを同じように通話のみで契約してました。
auのガラケーSIMはiPhone4sや一部スマホに
そのまま使える仕様でした。
この時もWi-Fiで運用していたはずが、
いつの間にかデータ通信をオンにしてしまって気づかずに使用。
気づいたときには時すでに遅しで、2万円位の請求を喰らいました。
この通称『パケ死』と呼ばれる状況。
節約してたはずが、高くつくパターンです^^;

Wi-Fi切った状態でメールなどのネットを使うアプリを使うと、

こんな案内が出て設定ボタンを押すと

モバイルデータ通信の設定画面に飛ぶので、
気をつけなければいけません。
ここでモバイルデータ通信をオンにしてしまうと、
悲劇が待ちかまえています。

Wi-Fi接続はモバイルルーターで

現在僕はDMM mobileのデータSIMを使っています。
これ↓



10GBプランで契約して、月々2374円支払ってます。
速度は申し分なく満足しています。

ルーターはこれ↓

このルーター1台で僕のパソコンとiPhone、
妻のタブレットを接続して運用中。
家でも外出先でも使えるので便利です。

通信費

現在電話回線とネット回線で月4,000円弱を、
夫婦2人の通信費として使っている計算です。
年間で約48,000円。
通信費は毎月必ず請求があるので固定費です。
この固定費を如何に下げるかが、
お金のやりくり上手だと思います。
そう考えるともっと安くならないか、
使い方を含めて考えなければいけませんね。

【追記】通信費をさらに安くしてみた

月々必要なコストを下げるために、 通信プランの見直しをしました。 今まではDMM mobileの10GBプランを契約していました。 月額約2,365円なので、 年間28,000円オーバーとなります。 低速でも良いので安くしようと 月額約475円のライトプランを検討しました。 しかし他社でさらに安い料金がある事を知り、 結局そちらと契約をする事にしました。 ロケモバ神プラン VS DMMライトプラン ロケットモバイルの神プランは月額約321円。 DMMよりさらに150円以上安い。 通信速度は両社ともに200Kbps。 しかしDMMは 3日間の通信量が366MBを超えた場合、通信速度を制限する場合があります。 と公式サイトに記載があります。 200Kbpsからさらに制限された日には・・・ しかしロケモバは特に無いようです。 しかも通信開始時の1~2秒は速度が上がる仕様みたい。 年間で約3,900円とコスト面でも素敵。 そんな訳で早速契約しました。 SIMカード到着 公式サイトから申し込み後、 3日程でSIMカードが到着。 辺鄙な場所なのにクロネコヤマトさんありがとうございます。 薄い封筒に薄いSIMカードと説明書が1枚入ってました。 シンプルですね。 モバイルルーターに装着・設定 手持ちのモバイルルーター『MR04LN』に装着します。 裏蓋開けてSIMカードをパイルダーオン。 APNの設定は サービス名:任意(rokemobaにしました) APN:4gn.jp ユーザー名:roke@moba パスワード:rokemoba 認証タイプ:CHAPまたはPAP 設定完了。 DMMもまだ契約中なので、SIMを切り替え。 そして通信成功。 実際に使用してみて 通信直後は確かに速度は速いです。 ただし3秒程度かな。 それ以降はハッキリ言って遅いです。 バーストモード効果で 軽いサイトやメールチェックは問題なし。 一方YouTubeは最低画質でもカクカクで止まるし、 画像サイズが大きいWEBサイトも表示されるまでにモッサリ。 しかし考え方や使い方次第かと。 そもそも低速とは言え200Kbpsです。 テレホーダイ世代を経験した身としては、 当時56Kbpsだったので3倍以上の速さです。 これは赤い彗星のシャア。 YouTubeや重たいサイトはダウンロードして 後で観たりすれば特にストレスは無いかと。 その場で速攻観たい人には、厳しいですが、 そうでも無い人には良いかと。 僕はしばらくお世話になりそうです。 最後に この友達招待コードを使って、 ロケットモバイルに登録すると 200ポイント手に入って月額料金が割引になります。 友達招待コードはこちら EFACTLXDSB https://rokemoba.com

さらなる安値を狙ってデータ通信回線を安くしてみました。
通信費は年間で1万円切りますね(^^)

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

やーまん

山奥に移住し、のんびり暮らしています。
日々の事で感じた事や考え方などを備忘録として残しています。

関連記事

7 コメント

  • SIMフリーiPhoneXに銀シムを入れてみたが、認識しませんでした。Appleサポートに聞いたらiPhone用のSIMでないと認識しないとの事なのですが、どうにかなりませんかね?

    • iPhone Xを持ってないので何とも言えませんが、
      SIMフリーのiPhoneでも販売元のキャリアや国によって対応周波数が異なる様です。
      とは言えソフトバンクの周波数は大体対応してると思うのですが・・・
      カットしたSIMが他の端末で認識する様でしたら、
      そのiPhone Xでは使えない可能性が高いですね。
      お役に立てずにスミマセン。

      • 結果から報告すると電波掴むようになりました。

        検索して分かった事は最初にアクティベートさせたSIMによってロックがかかる場合がある事。(最初のアクティベートSIMは解約したsoftbankiPhone用のSIMでしたのでiPhone用SIMのロックがかかった可能性あり)
        2台同時購入した場合、そのうちの1台がロックかかる場合がある事(私は2台同時購入しましたので)

        実際にやった方法としては
        設定からネットワーク設定をリセットし直す。

        nanoサイズにカットしたSIMが若干斜めにカットされていたので(今までのSIMフリーAndroid機3台でなんの問題もなく使えたのでSIMカットに問題があるとは微塵も思っていなかった)斜めになっている部分をやすりがけで修正した。

        iPhoneXのアップデート。

        そして祈りを込めてiPhoneXに [softbank ガラケー 銀SIM 3G通話専用 3円維持]を入れたら電波を掴みました!!!

        なんで銀SIMにこだわっていたかというと3G電話回線が3円維持でしたので今更格安SIMにも移行する気が起きなかったので(ネット接続は使い放題ルータでしとります)

        • 貴重な成功体験の情報をありがとうございました。
          3円維持は格安で凄いですね。
          ご報告ありがとうございました。

  • ドコモはいけないですかね?
    同じ方法で、ドコモSimカードをiphone6に差し込んでみたですけど、まさか絶望な圏外のまま……

  • ドコモはいけないですかね?
    同じ方法で、ドコモSimカードをiphone6に差し込んでみたですけど、まさか絶望な圏外のまま……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA