グループが原因でGoogleの連絡先がiPhoneに同期されないのを解決してみた

Googleの連絡先がiPhoneに同期されなくて困っていました。
色々な解決方法がWEBサイトにありましたが、
いずれも解決出来ず、途方に暮れてましたが、
原因が分かったのでメモ。

ガラケーの電話帳

https://back2nature.jp/computer/previous-cell-phone 以前携帯電話の契約をどうするか迷っていましたが、 月159円で話し放題に出来る契約に切り替えて更新してみました。 MNPでauからソフトバンクへ 今までは月1,029円で通話かけ放題のauでした。 この契約で発行されたガラケー専用SIMは auのiPhone4sでも使えました。 モバイルルーターを別途用意して、 ネットは完全にWi-Fiのみで行い、 普通にスマホを持つよりは、 通信費を抑えて維持出来ました。 今回はそれよりも安く出来る脅威の月159円で 話し放題の案件だったので ソフトバンクへ移行してみました。 久しぶりのガラケー 残念ながらauと違ってソフトバンクのガラケーSIMは iPhoneでは使えない様で、ネットはどうするか思案中。 とりあえずしばらくガラケーで過ごしてみます。 電池の持ちがやっぱりスゴく良いですね。 追記:SIMフリーのiPhoneはソフトバンクのガラケーSIMでOKでした。 https://back2nature.jp/computer/mobile/sb-silver-sim-iphone 月159円のカラクリ まずこれは『ガラケーのりかえ割』と『月月割』なる 割引キャンペーンの併用。 それとネットやオプション類の全解除によって成り立つ模様。 契約した初月はオプションの解除は出来ないとの事で、 月が切り替わった1日に157へ電話して オプション解除をお願いした。 実際にかかる金額 残念ながら本当に月159円では維持できない。 My SoftBankでまだ確定前だが以下の料金が請求されている。 税込みで162円になる計算。+3円はユニバーサルサービス料ですね。 なので正確には月162円で話し放題が可能と言うことです。 さらにMVNOで移行するに辺りauとソフトバンクに それぞれ手数料で3,240円支払う。 月月割を適用するために機種代金も支払わなければならない。 初月は割引が適用されない日割り計算。 まだ初月の料金が確定前だがザクッと移行費用で23,000円ぐらいになりそうだ。 3年間の契約のため162円×36ヶ月=5,832円。 これを移行費用と合わせて36ヶ月で割ると 月々約800円ナリ。 それでも普通に契約する事考えたら 安いですよね。 ガラケーのりかえ割は終了 12月20日でガラケーのりかえ割は終了した模様。 なのでこれを記事にした所で、あまり意味は無いが 自分用にメモ。 こんなプランがあったりするので、 更新時期が近づいてきたら、要チェックですね。 3年後の契約更新時期に この様なプランがあれば良いが、 無い時は契約解除か? とりあえず契約終了間際には 最安プランになるように基本料金の変更をお忘れなく。 かけ放題・話し放題の契約は日割り計算が出来ないためです。 今回は月の途中で契約変更をしました。 auはカケホからプランEシンプルに変えるようにしたので、 日割り計算が適用された。 カケホのプランのままだと 月の途中でも全額支払う事になる。 ソフトバンクもホワイトプラン等へ 契約変更を忘れないように 気をつけなければ。 追記:請求料金が確定 1月分は162円の請求で確定しました。 2月分の請求からユニバーサル料金が1円下がるはずなので、 161円の請求かな。 追記:2月分の請求料金が確定 2月分は160円の請求で確定しました。 ユニバーサル料金が1円下がり、消費税も1円下がりました。 さらに最初に購入した機種を売却し、 それに伴い初期費用を幾らか回収できたので、 月々約400円計算で運用出来る事になりました。 元々の携帯をどれ位の価格で買って、 そして売却出来るかで、変わってきますね。

先日契約したソフトバンクのガラケーの電話帳へ
Googleの連絡先を使おうと思い、
連絡先を整理していました。

連絡先はグループで分類されていますが、
それをガラケーの電話帳へ使うには1点問題があります。
表示されているグループとは別に必ず
『Myコンタクト』なるグループにも所属しています。
そのままCSV形式でエクスポートすると
個別に2つのグループに所属している形になり具合が悪い。
そこでGoogleの連絡先から全部『Myコンタクト』を外しました。

ガラケーへの電話帳移行は上手く行きました。

iPhoneの連絡先が同期されない

https://back2nature.jp/computer/159yen-mobile 先日ソフトバンクのガラケーと契約しました。 通称『銀SIM』と呼ばれるソフトバンクのガラケーSIMは SBのiPhoneには使えません。 しかしSIMフリーのiPhoneなら使えるとの情報をキャッチしたので、 実際に試してみました。 SIMサイズの確認 左がガラケーの標準SIM。 右がiPhone5以降に使われているnanoSIM。 このままでは使えない^^; 標準SIMをカットしてnanoSIMへ加工 専用のカット器具がある位なので、 カットするのはメジャーな行為なのでしょうか? i-Plus Company Tech【Amazon限定】SIMパンチ (micro/nano 対応SIMカッター) + SIM変換アダプター4点セット 付き SIMC/MOOSYposted with カエレバ i-Plus Company Tech Amazon楽天市場Yahooショッピング ハサミでも切れそうですが、とりあえずゲットしました。 標準SIM→microSIM→nanoSIM いきなり標準SIMからnanoSIMへの加工は無理でした。 段階的にカットしていきます。 まずはmicroSIMへカットしてみます。 カッターへセットしてズレが無いことを確認。 思いっきり握って一気にカットします。 出来ました。 同じ要領でカットしたてのmicroSIMをnanoSIMにカット。 微妙にズレましたが出来ました^^; iPhoneにSIMをセット バリが残っていたのでヤスリで削り、 SIMトレーに入るように仕上げ。 さて入れてみると ・ ・ ・ iPhone5sのSIMフリー機で 無事電波キャッチしました。 通話とSMS(ショートメール)はこれでOKです。 Apple(アップル) iPhone 5s SIMフリー アップル正規整備済品 (16GB, シルバー)posted with カエレバ Apple Computer Amazon楽天市場Yahooショッピング ネットはモバイルルーター(Wi-Fi)を使う ネット通信費を抑えるために、ガラケーの契約内容は通話のみにしています。 そのためガラケーではネットに接続出来ません。 ちょっとここで落とし穴ですが、 スマホでは何故かネットに接続可能で、データ通信が出来てしまいます。 そのためモバイルデータ通信をオフにして、 ネットは必ずWi-Fiで運用する事。 オンの状態で使っていると、とんでもない金額が請求される事態に。 以前auのガラケーを同じように通話のみで契約してました。 auのガラケーSIMはiPhone4sや一部スマホに そのまま使える仕様でした。 この時もWi-Fiで運用していたはずが、 いつの間にかデータ通信をオンにしてしまって気づかずに使用。 気づいたときには時すでに遅しで、2万円位の請求を喰らいました。 この通称『パケ死』と呼ばれる状況。 節約してたはずが、高くつくパターンです^^; Wi-Fi切った状態でメールなどのネットを使うアプリを使うと、 こんな案内が出て設定ボタンを押すと モバイルデータ通信の設定画面に飛ぶので、 気をつけなければいけません。 ここでモバイルデータ通信をオンにしてしまうと、 悲劇が待ちかまえています。 Wi-Fi接続はモバイルルーターで 現在僕はDMM mobileのデータSIMを使っています。 これ↓ 10GBプランで契約して、月々2374円支払ってます。 速度は申し分なく満足しています。 ルーターはこれ↓ NEC Aterm MR04LN 3B モバイルルーター (OCN モバイル ONE マイクロSIM付) クレードル付属【Amazon.co.jp 限定】posted with カエレバ NTTコミュニケーションズ 2015-07-16 Amazon楽天市場Yahooショッピング このルーター1台で僕のパソコンとiPhone、 妻のタブレットを接続して運用中。 家でも外出先でも使えるので便利です。 通信費 現在電話回線とネット回線で月4,000円弱を、 夫婦2人の通信費として使っている計算です。 年間で約48,000円。 通信費は毎月必ず請求があるので固定費です。 この固定費を如何に下げるかが、 お金のやりくり上手だと思います。 そう考えるともっと安くならないか、 使い方を含めて考えなければいけませんね。 【追記】通信費をさらに安くしてみた https://back2nature.jp/computer/mobile/rocket-mobile さらなる安値を狙ってデータ通信回線を安くしてみました。 通信費は年間で1万円切りますね(^^)

iPhoneを手に入れたので、
こちらにもGoogleの連絡先を同期させようと
設定しましたが、何時までたっても同期されず・・・

iPhoneで試しに適当な連絡先を作ってみると
Google側の連絡先には同期される状況。

Googleの連絡先をよく見ると、
iPhoneで作った仮の連絡先のグループには
『Myコンタクト』に所属している形だった。

Myコンタクトの復活

そこでガラケーの為に消した『Myコンタクト』を
復活させてみました。

そうすると瞬時に同期が完了し、
無事iPhoneにも連絡先が同期されました。

ちょっとした違いでしたが、
解決できてホッとしました。